コロナ自粛で本質を見抜く人が増え、ハリボテは苦しむ。

こんにちは、江口紋乃(えぐちあやの)です。

コロナで世界が変わってきた中で人々は生きづらさを感じる一方で
生かされている喜びを感じる人もいます。

リア充が流行ったり高級志向なブランディングをしてきた
起業家が今までやっていたようなことが出来なくなりました。


宇宙規模で見ると星の流れの専門家たちが口を揃えて2020年は大きく世の中が
変わると言ってきました。

この流れは3年くらい前から始まっていましたね。

地球規模でいうと人類は、今までの価値観を変えていかなければならないのだと思います。


たくさんの人たちが「生きる」ということの本質に気づいてきています。

ビジネスは手段でしかなく、お金も今は価値のあるものですが
今後はお金の価値もなくなるかもしれません。

 

自分を偽るハリボテは苦しむ時代へ


本質に気づいている人たちがたくさん増えてきたので
今後は、同じようにビジネスをしていてもハリボテはすぐにバレていくでしょう。


高級ブランドで身を固めて無理をした人たちは、自分本来の意識に向き合わされるのです。


ハリボテを維持するために必要な「お金」を稼ぎ続けなくてはならず
「お金」というものに振り回されてしまうようになります。

ハリボテは偽物の自分なので自分ではないものに振り回され
精神的に非常に苦しい状態になってしまいます。


ビジネスも、お金も、手段なのです。

勉強も、手段なのです。



本当に必要なのは生きる知恵

今、本当に必要なのは
これからの時代本当に必要なのは

大学に行くことでもなく、社会に出て立派な社会人になることでもなく
ビジネスで成功して家を買うことでもありません。

本当に必要なのは、生きて行くための知恵です。


私たち親がやるべきことは
子供に勉強を押し付けることではありません。

私たちが目指すべきところは
出来ない人を責めたてることではありません。

生きて行くために必要なのは
食べていく知恵、寒さをしのぐ知恵、危険から身を守る知恵

それから協力していく知恵、生み出す知恵


なんじゃないでしょうか。



不安なのは今を見ていないから

今もし何かしらの不安があるのなら
それは「いま」を受け入れられていないからです。

こんなはずじゃなかったのに、とか
もっとこうだったらいいのに、とか

過去のことや先のことばかりに意識が向いているからです。

今を受け入れるとは
今起きている現象を現象として受け入れる。

認めてください、ということです。

「不安」は漠然としているから「不安」なのです。

根っこを見るけるには何に対して「不安」なのかを知ることが大前提となり
今何に不安なのかを認識出来たらその不安をかき消そうとしていませんか?と。

自分に問うて見てください。

不安は「ない」と思うから不安なんです。
分離の状態で、「ある」ものには目を向けられないのです。

だから不安を無理やりかき消して
「ある」ものに目を向けようとしても出来ません。

自分自身をもっと見てあげてください。

コロナ自粛で本当に大変な時期ですが

生きていくための知恵として
こう言った自分自身のメンタルケアというところにも
目を向けていく機会なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タグ: , , , ,

Related Posts

Previous Post Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Social Profiles