恐怖

潜在意識『恐怖=勇気・大胆』

こんにちは、紋乃です。

私たちの無意識の部分、潜在意識の威力は97%もあり
気づいている意識、顕在意識はわずか3%の威力しかありません。

ということは
どんなに頑張っていてもなぜかうまくいかない、なぜかいつも同じことを繰り返す、という事が起きてしまいます。

一旦はうまくいくけども、どん底に落ちた気持ちになることさえあります。

潜在意識で気づいていないことを何度も体験し、気付こうとして再現しているとも言えるのです。

その潜在意識で最も多い、根元とも言えるのが今回お伝えする「恐怖」です。

恐怖とは

恐怖感は、未来の不安や人の評価に対して「今をなんとかしないといけない」と感じている意識です。
これは当たり前に感じる行動でもありますよね。


人から見ると、「頑張っている」ように見え、「すごいよね」と言われるような行動を頑張ってこなしているので
どちらかというと「称賛」されている行動に見られがちですが、実はとてもストレスが溜まる一方なんです。


「恐怖」は、行動を突き動かす動機として大きな要因となっている事が多いので、
いつも頑張っている行動や勇気のある行動がその背景にある恐怖に感じる出来事を解消しようとして生まれています。


例えば、「1000万円儲けたらきっと幸せになれる」と思って、嫌な仕事でも一生懸命頑張ってやり遂げた時、一時的には幸せな感覚になりますが、同時に1000万円分の恐怖が裏にくっついてくるのです。


また、その金額を維持するために頑張らないといけないと思ってしまうのです。

なんとか失わないようにしないといけないという恐怖を生んでしまうんですね。


その結果、またその恐怖を乗り越えるためにさらに1000万円の頑張りが必要なんだと感じてしまいエスカレートしていきます。


恐怖を感じないように対処していこうとする行動、その恐怖心を消そうとしてバランスをとって頑張る行動の一つなんです。




恐怖は足し算ではなく引き算

本来の自分の「心」とは、「ゼロ」の状態です。
本当はいいも悪いもないフラットな状態。

そこに恐怖という感情があるのは、動物的な本能でもあるので悪い感情ではありません。
危険を察知するから今も生きているからです。

しかし、現在の社会で頑張って生きていく人たちが本来は無かったはずの恐怖をなんとかしようと
本来の自分ではない生き方をしてしまいストレスを生んでしまっています。

本来の自分に戻る「ゼロ」の心とは、恐怖心を減らしていく引き算の理論なのです。
恐怖を対処していく足し算ではなく、恐怖を受け入れて「今のままでOK」としていく生き方です。
恐怖をありのままに受け入れるということは難しく感じるかもしれません。

今、満足するか、しないか、ということは、とてもシンプルで「選択」するだけです。
恐怖心を消そうとする行動は、大胆で勇敢な行動に繋がりますよね。
その原動力をすでに持っているあなたはすごいのです。


そのエネルギーを自分の本当にやりたいことに向けていけるのです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タグ: ,

Related Posts

Previous Post Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Social Profiles